デリヘル基本のプレイ「ごっくん」

デリヘルで思わずファンタジーを感じてしまうプレイの一つとして挙げられるのが『ごっくん』である。わざわざ説明する必要もないかもしれないが、簡単にごっくんを解説すると、ようするに女の子が男性客の精液を飲む行為のことを指す。

フェラチオはもはや風俗で当然のプレイだが、毒吐きで出されたザーメンを飲むとなると、いくらプロとして働く風俗嬢であっもそのハードルは高くなる。通常フェラチオや口内射精までは基本メニューになっていることが多いが、ごっくんはプラスαのオプション扱いになるお店が多い。

男性にとってもかなり刺激が高く、AVシーンでも頻繁に見かけるプレイの一種である。カワイイ女の子が自分の精液を飲み干してくれると考えたら、Sっ気が強かろうと弱かろうとかなり興奮するものだ。

想像してみてほしい、女の子の身体の中を自分自身の分身、DNAが吸収分解されると考えたら、男性目線では嬉しいもの。本番中出しセックスは出来ないが、フェラチオ口内射精からのごっくんは可能なのだ。

なお口内射精はもちろんのことごっくんは含まれておらず、口に出した後はティッシュでペッとされる運命にある。きっと男性ならば思うだろう。あぁ、今吐き出したザーメン飲んでほしかったな……と。

そんな男の願望を叶えてくれるのが、ごっくんプレイである。デリヘルの中でも通常オプションになっていることが多いことから分かる通り、それだけ女の子にとっても負担が高いプレイなのだ。

オプション料金の相場は3,000~5,000円程度になっており、男性にとってもそれなりにお財布に痛い高額オプションの一つになっている。

そこまでごっくんにこだわる男性は多くないが、それでもAVの影響かS男性を中心に支持されているオプションなのだ。見ず知らずの男のザーメンを無理やり女の子に飲ませると考えれば、やはり興奮するからだろう。

精子は基本的にまずい。苦いし、独特のいがいがした感じが苦手という女性は多いし、どんな食生活を心がけていても精子が甘くなったりすることはない。

という訳で女の子についても、ごっくんオプションをNGにしている子が多いが、オプション料金は全額バックであることが多いので以下の目的でごっくんOKにしている女性はいるぞ。

①器量が悪いまたは年齢が上な分、ハードなオプションもOKにしているケース
②お客の指名やリピートを目的としている
③とにかくお金を稼ぎたい
④ザーメンフェチ

色んな女性がいるのだが、正直性病罹患対策などの面を考慮するとごっくんを推奨することはできない。性病に罹患している男性の精子を飲んだ場合は、喉粘膜からある種の性病に感染する可能性も高い。

精子自体が有害であるという訳ではないが、性病のリスクの他にもごっくんをすることで喉の調子やお腹が痛くなると訴える女性もいるくらいだ。数千円のオプション料金と引き換えに健康を害することも考えられるので、実際割に合わないプレイである。

稼げる女性、向上心が高いデリヘル嬢はごっくん何でも来い!のスタンスでザーメンを飲み干すが、なかなかハードなプレイであることには変わらない。ある種の覚悟さえ必要なごっくんプレイ。

それでも男にとっては興奮の導火線に火をつける、ドツボオプション。なかなかプライベートで「精子飲んで」と言えないからこそ、今までとちょっと違うド助平プレイをしたい男性はごっくんオプションを付けてみるといいだろう。

なおスパンキングや即尺、イラマチオなどのプレイとの相性もいいので、亜鉛成分をたっぷり摂取してザーメン地獄のごっくんをプレゼントしてみたらどうだろう。あなたの支配欲を刺激してやまないプレイになるはずだ。